インドビザ-コロナウイルスアップデート

13年2020月19日-アドバイザリ:COVID-XNUMXに関連する旅行とビザの制限

この問題に関して以前に発行されたすべての勧告を抑制するため、以下のビザ制限が実施のために発行されます。

  1. 外交官、関係者、国連/国際機関、雇用、プロジェクトビザに発行されたものを除く、すべての国の国民に発行されたすべての既存のビザは、15年2020月1200日まで停止されます。これは、13年2020月XNUMX日のGMT XNUMXから港で発効しますインドへの海外旅行のための外国人の出発の。
  2. すでにインドにいるすべての外国人のビザは引き続き有効です。 ビザの延長/変換または領事館サービスの許可については、e-FRROモジュールを通じて最寄りのFRRO / FROに連絡する場合があります。
  3. OCIカードの所有者に付与されたビザなしの旅行施設は、15年2020月1200日まで停止されます。これは、13年2020月XNUMX日のXNUMX GMTから、インドへの海外旅行の出発港で有効になります。
  4. やむを得ない理由でインドへ旅行するつもりの外国人は、新鮮なビザを求めて最寄りのインド代表団に連絡することができます。
  5. 15年2020月14日以降に中国、イタリア、イラン、韓国、フランス、スペイン、ドイツを訪問したインド人を含むすべての到着旅行者は、最低1200日間隔離されます。 これは、13年2020月XNUMX日のXNUMX GMTから、そのような旅行者の出発港で実施されます。
  6. 国境を通過する国際交通は、堅牢な医療検査施設を備えた指定された入国管理局に制限されます。 これらは、内務省から別途通知されます。
  7. 現在海外にいるインド国民は、不必要な旅行を避けることをお勧めします。 これにより、インド到着時に最低14日間は隔離できることが通知されます。
  8. すべてのインド国民は、海外へのすべての本質的でない旅行を避けることを強くお勧めします。 帰国後、最低14日間は隔離することができます。

アップデート-9年2020月XNUMX日

警告:COVID-19で識別される旅行およびビザの制限

すべての通常の(ステッカー)ビザ/ e-ビザ(日本と韓国のVoAを数える)は、イタリア、イラン、韓国、日本の国民に許可され、最新の03.03.2020年XNUMX月XNUMX日、およびまだインドに入国していない人に与えられ、停止されたスタンド。 このような遠隔地の国民は、航空、陸上、または海港の入国審査ポイントからインドに入国することはできません。 説得力のある理由でインドに向かう必要がある人は、最寄りのインド大使館/領事館から新しいビザを探すことができます

中華人民共和国の国民に許可された慣習的な(ステッカー)ビザ/ eビザは、遅くとも05.02.2020年XNUMX月XNUMX日までに付与され、以前は一時停止されていました。 それは権力に留まるでしょう。 このような中国国民は、航空、陸上、または海港の入国審査ポイントからインドに入国することはできません。 説得力のある条件下でインドに出かけることを期待している人は、最寄りのインド大使館/領事館に紙ビザを申請することができます。

01.02.2020年XNUMX月XNUMX日以降に中華人民共和国、イラン、イタリア、韓国、日本に出国し、まだインドに入国していないすべての遠隔地の国民に、通常の(ステッカー)ビザ/ eビザが付与されました。 そのような外国籍の方は、航空、陸上、または海港の入国審査ポイントからインドに入国することはできません。 説得力のある条件下でインドに出かける必要がある場合は、最寄りのインド大使館/領事館に新しいビザを申請することができます。

上記の国からの代表、国連当局およびその他の国際機関、インド海外市民(OCI)カード所有者、および搭乗員は、通過の制限から除外されます。 とにかく、彼らの臨床スクリーニングは必須です。

すべての港からインドに行くすべての遠隔およびインド国民は、適切に記入された自己主張構造(たとえば、電話番号、さらにはインドの住所などの個々の関心ポイントを数える)と旅行履歴をすべての港の保健当局と入国管理局に提供する必要があります。

閉じ込められた以外の旅行者(リモートおよびインド人)が直接、または中国、韓国、日本、イラン、イタリア、香港、マカオ、ベトナム、マレーシア、インドネシア、ネパール、タイ、シンガポール、台湾からの接続を介して現れるインドへの通過港でのスクリーニング。


アップデート-4年2020月XNUMX日

インド保健省の旅行勧告

  1. イタリア、イラン、韓国、日本の国民に付与され、3月XNUMX日以前に発行され、まだインドに入国していない、すべての通常のビザとeビザ(日本と韓国の到着ビザを含む)は、即時発効により停止されます。 。
  2. 1月XNUMX日以降に中華人民共和国、イラン、イタリア、韓国、日本に旅行したことがあり、まだインドに入国していないすべての外国人に付与された通常のビザとeビザは、即時の効力で停止されました。

統計-インドには合計6つの陽性例があり、そのうち3つはすでに回復しています。

一方、インドのナレンドラ・モディ首相はパニックにならないように強く求めており、コロナウイルスの準備について広範囲にわたる検討が行われてきました。
コロナウイルス更新モディ首相
https://twitter.com/narendramodi/status/1234762637361086465


更新-27年2020月XNUMX日

コロナウイルスは管理可能です。 それはまだ中国国外に広がっています。 インドの観光ビザ保有者とインドのビジネスビザ保有者は国内で安全に旅行できます。 世界保健機関による26年2020月XNUMX日の更新は、インドが安全な旅行国であることを宣言しました。 最近中国を訪問したことがある場合は、インドのビザオンライン(eVisaインド)の申請プロセス中にそれについて尋ねられることがあります。


更新-14年2020月XNUMX日

コロナウイルスの更新

インドを観光客や地元住民への影響から保護するために、インド政府は 中国の訪問者のためのインドのビザオンライン(eVisaインド)のキャンセル。 コロナウイルスの症例を登録している中国以外の合計24カ国があります。

南部のケララ州からのインド人乗客のコロナウイルスは14例しかなかった。 インド政府は厳格な措置を講じ、ダイヤモンドプリンセスクルーズ船に拘束しました。 XNUMXつすべてが回復し、自宅でXNUMX日間隔離されました。

インド政府は、武漢(中国)のコロナウイルスの震源地に住んでいる600人以上のインド人を避難させるために積極的な対策を講じています。 彼らの状態は毎日監視されており、中国から600人以上のインド人がインド国軍医療サービスセンターに隔離されています。

インド政府は、インフルエンザの症状を示す旅行者を検疫するために、すべての空港で事前対策を講じています。

インドと中国のコロナウイルスのラボ試験施設が旅行に関する勧告を報告

インド医学研究評議会は、全国でコロナウイルスを検査するための施設を設置しました。 観光客はまた、病気の蔓延を防ぐために中国を訪問しないことをお勧めします。 インドにはコロナウイルスは事実上存在しません。

中国からインドへの訪問者は許可されておらず、それらの乗客がインドへの物理的なビザまたはeVisaインド(電子インディアンビザオンライン)を申請した場合でも、 中国居住者のために一時停止およびキャンセル.

インドビザ、インドではコロナウイルスなし

安全のため、訪問者はインドに群がっている オーストラリア、インドネシア、タイ、ベトナム、日本など、コロナウイルスの感染が増加している他の観光地と比較して。 その安全性、十分に取られた措置、空港や観光機関の積極的な政府の関与と協力のために、インドではコロナウイルスの症例はありません。 インドは 最も準備ができて準備ができている国 コロナウイルスの発生に対処する。 この観光シーズンでは、観光客はインドで最も安全です。

私たちはあなたをインドに歓迎します、そしてさらなる説明のために私たちに連絡してください インドビザヘルプデスク.

このウェブサイトで申請資格を確認できます。180か国以上の国民が申請できます インドのビザ申請書 オンライン。


確認したことを確認してください インドのeVisaの資格.

米国市民, イギリス国民, カナダ市民フランス国民 できる インドのeVisaにオンラインで申し込む.

フライトの4〜7日前にインドビザを申請してください。